毎日楽しい.com

毎日を楽しく生きるためのお役立ち情報発信基地

加齢臭

「デ・オウ」で加齢臭も汗の臭いもすっきり!!

投稿日:

夏です!!

暑いです!!

素肌の露出の季節!!

そして汗の季節!!

若かりし頃は汗は若さの象徴でもありましたが……

この季節、汗の臭いや加齢臭を気にする方も多いのではないでしょうか?

加齢臭、汗臭の対策といえば、「柿渋」をはじめたくさんの「石鹸」や「ボディソープ」「シャンプー」などがはありますね。

個人差はあってもどの製品も素晴らしい効果があるようです。

でも……

ちょっと、いや、かなりお高い……

本格的な加齢臭対策とまではいかなくても、もっと手軽に出来る臭い対策はないのかな?

と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

実は私もその一人です(^^)v

今回は、そんな皆さんのために、私が試した市販のボディソープのなかで最も効果があると感じた製品をご紹介いたします。

それはズバリ ロート製薬の「デ・オウ」です!!

 

スポンサードリンク

「デ・オウ」なら加齢臭や汗の臭いもかなり効果あり!!

 

いきなり本題ですが!

私は「デ・オウ」でかなりの効果がありました!

もちろん個人差はあると思いますが、ドラッグストアやスーパーなどでも簡単に買える、市販のボディソープでこれだけの効果があるのなら個人的には申し分ありません!

 

デオウ

 

私の場合、加齢臭もあるのですが、正直言ってさほどひどくはありません(と、本人が思っているだけだけかもしれませんが(^^;)

それよりも深刻だったのは「汗の臭い」でした。

健康のためジムへ通い始めたのですが、トレーニング中に流れる汗の臭いにそうとう悩まされました。

特に汗用に使っていたタオル。少し汗を拭っただけでもとにかく臭くてそのタオルでまた汗を拭う気にもなれませんでした。

毎回3枚のタオルを用意して、こまめに替えなければならないほど。

ジム内でも臭いを気にするあまり人に近づくことができず、いつも孤立している感じでした。

ジムをやめようかと思ったことも1度や2度ではありません(^-^;

 

若いころは、そんなに気にはならなかったんですけどね。

やはりこれも加齢のせいでしょうか。

それが「デ・オウ」を使い始めてさほど気にならなくなったんです。

今ではタオルも1枚で足りています(^^)v

 

「デ・オウ」の効果 約2週間で実感!

 

もちろん

「使ったその日から!」

なんてことはありません。

初めて使った日は、どちらかというと今までのボディソープよりも少し肌がキシキシするような感じ。
決して潤いがあるとは思えませんでした。

正直、失敗かな?とも思いました(^-^;

ですが、せっかく買っちゃったし(笑)

しばらくは使ってみようと思いなおして使い続けてみました。

ちなみに「デ・オウ」のポンプタイプは内容量520ml 私の場合で約2ヶ月分ほどあります。

本格的な加齢臭用ボディソープはだいたい300mlくらいで1か月分ほどですから、それと比べればやはり価格的にはかなりお得感がありますね。

 

最初に効果を感じたのは3日後くらいです。

「デ・オウ」を使い始めて最初にジムへ行った日。

いつもなら、すぐに触りたくもなくなるタオルの臭いが、その時はそれほどでもない、ような気がしたんです。

でも、疑り深い私はまだまだはっきりと効果があるとは思えませんでしたね。

でも、そんな私の猜疑心も徐々に薄れていきました。

使い始めて2週間もする頃には、間違いなく効果があると実感しました。

もちろん、ジムで使ったタオルが全く臭くない、というわけではありません。

もちろん臭いです(;^ω^)

でも、以前のように、もう触りたくもないとか、これでまた汗ふくのか、なんていうほどの嫌悪感はなくなりました。

約2時間のトレーニングでも1枚のタオルで十分に足りています。

それだけではなく、普段の仕事中でもそれほど汗の臭いやいわゆる加齢臭が気にならなくなりました。

私にとっては、もう手放せない製品になりましたね。


スポンサードリンク

「デ・オウ」の効果をさらに引き出す裏ワザとは?

 

前述した通り、私はさほど強度の加齢臭ではありませんでした。

だから「デ・オウ」でこれだけの効果が実感できたのかもしれません。

もっと深刻にお悩みの方や本格的に加齢臭対策をされたい方は、加齢臭対策として作られた製品を試された方がいいかもしれません。

でも、そこまでではない、もっとお手頃価格で臭い対策をやってみたいという方には「デ・オウ」はお勧めです。

「デ・オウ」に含まれる「有効成分ベンザルコニウム塩化物」がニオイの発生の原因となる菌を殺菌し、「薬用炭(吸着剤)」がニオイの元となる皮脂や汚れを吸着することにより、優れた洗浄力を発揮するのだそうです。

 

そしてもうひとつ、裏ワザ というより、容器本体にもしっかりと書かれてあるのですが、ついつい見逃してしまう使用法があります。

それは、一通り身体を洗った後に、臭いが気になる部分、特に「耳の裏側」「首の後ろ」「顔」「鼻の周り」などに原液を直接刷り込むようにして洗う、という方法です。

タオルやスポンジに付けて泡立てるのではなく、直接手に取りそのまま気になる部分へ刷り込む感じで洗います。

これをやるのとやらないのでは、翌日の汗の臭いが格段に違ってきます。

容器には書いてあるのですがなかなかそこまでじっくり読まないですからね。

ある意味、裏ワザです!!

 

まとめ

 

加齢臭や汗の臭い、本人が気づかないうちに周りの人を不快にしている場合もあります。

それだけでなく、もしかして、自分は臭いのかも?

と、思ってしまうと何に対しても積極的にはなれなくなりますよね。

楽しい毎日を過ごすためには、積極性は必須です!!

加齢臭も汗臭も吹き飛ばして、楽しい夏をすごしましょう!!

スポンサードリンク

-加齢臭
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした